クレジットの返済方法

急に現金が必要になった時、クレジットカードやローンを使えればとても役立ちます。返済方法は何パターンかがあります。ひとつは一括返済です。クレジットカードで使った分を次の月に1〜2回で返済する方法です。一括返済を利用する人は大勢います。この方法は手数料がないので、最もお得なクレジットカードの使い方であるといえます。分割返済でクレジットカードのお金を返す方法は、高いサービスを買った時などに使われます。リボルビング払いは、クレジットカードで買い物をする時などに使えるもので、返済がしやすくなります。決まった金額以上の返済金額は繰り延べになるので、毎月の返済を一定水準に維持しておけます。リボルビング払いのデメリットは、月々の返済負担が一定なのでつき借りすぎてしまうこと、完済まで時間がかかることがあります。返済方法の中のリボルビング払いにも、いくつか種類があります。定額や定率で月の返済額が決まっているタイプや、段階式に返済額が決まる残高スライド式があります。返済方法は、家計の状態や、どんな借り方をしたいのかによって決められます。どんな返済方法が、どんな利点があるかを知っておきましょう。無理なく、確実に返済ができる返済方法を決めてクレジットカードを使うことが、よりよいやり方といえるでしょう。

クレジットをリボ払いで返済する方法

クレジットカードを利用している人は少なくないようです。クレジットカードの返済方法には、色々なものがあるといいます。よく利用されている返済方法は、手数料無料の1回払いかボーナス払いがほとんどですが、最近はリボルビング専用カードを利用する人が増加しているといいます。手数料のことも考えて、クレジットカードではリボルビング払いをする必要があります。毎月支払うクレジットカードの返済金額は、最初に決めた金額が上限となります。一度に借り入れ可能な金額以下なら、繰り返し借り入れをすることができます。どのようにリボルビング払いをするかは、もう少し細分化ができます。月々の支払い金額が決まっている定額リボルビング方式と、残高に対する一定の金額を返済する定率リボルビング方式、段階的に返済金額が決定するという残高スライドリボルビング方式が存在します。定額リボルビング方式という返済方法は、毎月の返済額は一定で手数料を返済額の中に含むものと、手数料を上乗せするものがあります。あといくらのお金を返さなければならないかによって、一定の比率で月々の返済金額が決定するのが、定率リボルビング方式になります。クレジットカードで幾ら借り入れをしたかによって、返済しなければならない金額が段階を踏んで上昇するのが残高スライドリボルビング方式です。この返済方法ならば、クレジットの返済が積もり積もって返しきれなくなることはありません。月々の返済方法をやりやすい方法に設定することによって、より快適にクレジットカードを使うことができるでしょう。

クレジットの分割払いでの返済方法

クレジットカードには、様々な返済方法が設定されています。1回払いやボーナス払いの他によく利用されているのが分割払いという返済方法です。うっかりクレジットカードを使いすぎないようにと、リボ払いではなく分割払いにする人もいます。月々の返済金額や回数は、原則的にクレジットカードを使う時ごとに決まります。何回もクレジットカードで買い物をしていると、翌月の返済が苦しくなることは目に見えています。そのため、クレジットカードを使いすぎないように気をつけようという気持ちが働きます。リボルビング払いで返済をすると、月々の返済金額が一定額以上にならないので、つい軽い気持ちでカードを使ってしまいます。一括で返済た場合と、時間をかけて返済をした場合とでは、時間をかけて返済したものの方が返済総額が高くなります。分割払いという返済方法の手数料計算はアドオン方式をいうものをよく使うようです。借りたお金そのものは、返済の最初の段階では減らないものが、アドオン方式といえるでしょう。仮にアドオン方式が採用されている場合、実質年率では結構な高金利になっていることもあります。手数料が支払いにどのくらい含まれているのか、クレジットカードの恩恵を被る時には知っておくことです。どんな返済方法が望ましいかは人によって違いますが、借入金にできるだけ手数料かプラスされないようにすることで、返済の負担を軽減できます。